FC2ブログ

Latest Entries

引越しました

アメブロに引っ越しました。
今まで見ていただいてありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。

こちらからお願いします。
玄海ルアーズ開発日記

7月21日キズナマリン

7月の中頃まで大雨が続き、家族に釣りに行ってくるとは言えない状態でした。やっと峠は越えた感じがあったのでテスト再開。

当日はタイ釣りメイン。水深80mラインをパラシュートアンカーで流すスタイルです。
エギジグの80g、100gのテストサンプルを作成、やっと使う事が出来ました。

最初、南西の風が強く手前の風裏ポイントから開始。水深は70m前後、1投目から手のひらサイズのチャリコがヒット。次にアラカブとたて続けにヒット。最後にちょっといいサイズの魚がヒットしたのですが(多分タイかな?)これはバラしてしまいました。
途中、かなり激しく雨が降りましたが次第に風も止み、本命ポイントに移動。

最初の一流し目に船尾のエビラバの人たちにヒットが連発。サイズも1,5k位の食べごろサイズ。ミヨシ側に3人SLJで頑張りましたが強烈な二枚潮。ボトムから10m位上で変な流れ方をします。一度着底させると次の着底が分からない。とにかく張り気味にしてラインを送りこむような感じで流します。基本パラシュートアンカーでの釣りなので船尾の人が多くラインを送れるので有利な釣りとなりますが、それは承知の上。キャストし少しでも船から離れた所に着底させますが、この二枚潮。なかなか手強い。
着底後ボトムを這わせ、ジグがあまり浮き上がらせないように潮に乗せゆっくりとリトリーブ。潮の抵抗の中で更にジグに負荷がかかった感じでヒット!ガツガツでもなく、グゥーと重くなる感じのヒットでした。ドラグもそこそこ出て、サイズもこの日のアベレージ位あったと思うのですが、またしても針外れ。SLJ組のもう一人の人にもヒットがあったのですがバレたようです。

コツを掴んだ感じがあったので次の流しから期待したのですが、それからはエビラバ組にもヒットが無く長~いトンネルに入ってしましました。船長も島近くから沖まで色々流すのですが、やはりここ数週間分の雨のせいか濁りと赤潮、さらに二枚潮。ただイカに関しては雨はいいようで好釣果が続いています。当日もボトムでイカが連発。ジグでも3杯釣れました。

それでもエビラバ組にはポツポツと底物が釣れています。SLJでも釣れない事は無いのですが当たりはエビに比べると数段少ない。特に今回のように二枚潮がきつい日で対象魚がボトムに張り付いている場合、ジグだと単に魚との遭遇率が少ないからです。魚に見付けてもらえるよう、ジグがスローなリトリーブでも水を掴み、かつ回転し難いジグの形状が求められます。よく見受けられるる扁平で左右非対称な形状は、良く泳ぐのですが浮き上がりが早く回転しやすい。底潮が効いている時、操作性が悪いのです。かといってジャークでアクションを付ける水キレのいい形状は、水受けが弱くサイズに対して長さが大きくなる傾向があります。このジャンルは意外と販売されている種類の多さと比べ、丁度いいと感じるジグが少ないと感じています。

時間がダラダラと過ぎ、午後となりほぼ最後のポイント。エビラバ組にもめぼしい当たりはありません。
水深は50m前後の浅場に。そのまま80gを落とすとジグの水の掴みが弱く感じられます。サイズを60gに落とし、バラシが多い事から針のサイズを小さくしました。これがこの日の正解。
ボトムからゆっくりとリトリーブするとモソッとした小さい当たり。タイ特有のガツガツした当たりではありません。グゥーと乗せるようにリトリーブで合わせを入れました。多分これがラストなのでバラしたくない。かなり慎重にフォイトしました。
KIMG0074.jpg
50cmジャスト。1,7kの良く太ったキレイなタイ。
やはりリアのフックに浅く掛かっていました。
タイを狙う際はタイラバ同様、喰いの悪い時はフックサイズを下げる必要がありそうです。

結局、SLJ組でまともなタイはこの一匹のみ。エビラバ組はみなさん3匹くらい釣っていたと思う。船長のブログには執念の一匹と書いてありました。
喰いが渋い時はエサには適いません。が、SLJの奥の深さを知る印象深い一日となりました。

6月26日キズナマリン

このたびの九州地方豪雨災害におきまして、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。こちら久留米市も場所によってはかなり広域で床上、床下浸水が発生した地域があり、後片付け等の事を考えると心中お見舞い申し上げます。

ここ数年は毎年の事ですが、水害が発生するかしないかはほぼ運だけ。山一つ向こうで被害が軽かったり、甚大になったりで・・・・昨年は友人の居酒屋が床下浸水、今年は友人が経営する九重の管理釣り場までの道路、橋脚が崩壊。しばらく営業は出来ないようです。こんな時に釣りのブログを更新するのは心苦しいのですが・・・・・仕事なので心を入れ替えて。

当日は壱岐の20~40mまでの瀬周りを流しました。
イサキは回復基調。おなか周りは若干スリムになりました。初心者の方もいましたが、そんな事は関係なく良く釣れた一日となりました。去年位からちょっと真剣にこの釣りをやっているのですが、この釣り(SLJ)に関しては腕そのものよりタックルバランスが重要な気がします。
今更ですが、ティップが弾かないロッドを使用する事。これに尽きる様です。正直言うとジグのアクション自体は青物に比べるとそれほど神経質になる必要はなさそうです。しかし通っているうちに気付いた点をいくつか挙げてみます。

この分野のジグは全体的にずんぐりしたフラットな形状が多いのですが、イサキに関してはフラットな形状で回転が強すぎるものはスレるのも早い。特に漁礁周りではこの差が出やすく感じました(福岡市から出る船はこのパターンが多い)。同時に回転しやすいジグは潮受けもいいので船が流されやすい日はオマツリが多い。そんな時は小粒で塊感のあるジグの方が着底後浮き上がりにくく、ボトムにステイしやすいので根魚が釣りやすい。オモックとか言ってますがそれが典型的な形。

フラットな形状と塊感のある形状。この2タイプを状況に合わせて使う事が今のところベターだと感じています。無論タングステンのジグはフラットな形状でも動き過ぎず、比重が大きいので浮き上がりにくいという、この釣りで使用出来る素材ではベストだと言えます。問題はご存じのとおり価格です。鉛を素材として使用する場合、上記2点を考慮しデザインを進めました。塊感があってもタダ巻きでアクションし、水抜けのいい物。無論デザインとして美しいもの(個人差が大きいのですが、あくまで私個人)。
今回は船長にも1日通しで使ってもらい、かなりの高評価をもらしました(船長、ルアーに関してはかなり辛口)。後半、潮が流れ出してからは船長と自分2人にヒットが集中。

キモは水ヌケの良さと操作性。この形状で金型作成しようと思います。
KIMG0051.jpg
キロちょっと
KIMG0048.jpg
キロクラスダブル

あとは深場のタイ釣りに照準を絞ります。








6月12日キズナマリン

前の週でいい結果が出たのでテストを続けます。

ここ数回実釣した感じでは、使用できる最も軽いジグを使用した方がヒット数が多い感じ。
今回は30mライン用に30gのテストサンプルを作成。

ですが、どうやらイサキの産卵の第一期が始まった模様。反応があっても全く口を使いません。

でも根魚は狙えばいくらでも釣れます。

KIMG0032.jpg

アカハタ

KIMG0030.jpg

アラカブ
KIMG0033.jpg
コアラ

小さいサイズの魚は大分リリースしましたが、それでもクーラーはそこそこ埋まりました。

最後の最後にやっと
KIMG0036.jpg

イサキ! 

当日はイサキは船中4匹のみ。
他に小ダイやホウボウ、小さいながらカンダイ。他の方にはブリも釣れました。

このテストジグのキモは回転し難い事と極端なセンターバランス。そのため操作性がいい感じです。
カラーはミドキンが流行りのようですが、何かあまり関係ない感じ。

あと回転が強すぎるジグはスレるのが早いと船長は言っていました。

今年はしばらくSLJ釣行が続きそうです。

5月24日ベイスタイル/6月5日キズナマリン

コロナで4月の釣りは休止。5月の末にやっと船に乗れました。

昨年からテストしてきたSLJ用のジグがあるのですが、形になったのは9月位だったので今年こそは腹パンのイサキに使用するため準備してきました。サイズも秋口は60~80gがメインサイズですが、この季節は浅場のポイントも含むので45gを作成して来ました。

まずは5月24日に博多のベイスタイルさんにお世話になりました。

当日は小呂島周辺を中心に回りました。
朝方はネリゴや小ダイが釣れましたが、その後ジグの反応はほぼ無く、日が傾き近郊の漁礁に移動してからやっと活性が上向いてきました。
KIMG0011.jpg

イサキの反応があった漁礁は2カ所だけ。
船中6名中、おそらく2名はイサキノーバイト。その中で何とか3匹イサキをキャッチできました。フォールだけでなく、ティップで誘って釣れた事が収穫でした。ちなみにイサキの反応が無かった漁礁で、試しに活ジグを落としてみたら3k位ですがとてもコンディションのいいヒラマサが釣れました。

ジグに自信がついたので、いつもお世話になっている星賀漁港のキズナマリンさんもSLJを始めたので即予約をいれました。

当日のポイントは壱岐方面。
水深は30m前後。最初は潮の流れがほぼ無かったので45gでは苦戦しましたが、潮が効いてくると
KIMG0020.jpg
40cm以上あります。
途中喰いの浅い時間帯もありますが、そんな時間帯はボトムから細かいピッチで誘うと食わせる事が出来ました。
イサキが7人で26匹。他根魚多数。そのうちイサキを7匹釣る事が出来ました。
船中ほぼTgベイトなので上出来だと思います。

次は30gを準備中。次回の釣行に繋げます。






Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR