FC2ブログ

Entries

1月28日オクトパス

昨年12月から今月にかけてシケのため欠航がつづいていましたが、28日奇跡的に出航できました。

当日は1日中雨でしたが風も無くこの時期珍しいほどの凪。ついでに潮もマッタリ。1日ほぼ潮が効いた感じはありませんでした。
基本ブリ狙い、状況によりマグロというメニュー。

以前、活ジグのテストに協力していただいた伊藤さんもこの日乗船。昨日もROSSOでブリ4本の釣果、活ジグ230gでの釣果とのことから潮が動いていないと判断。
活ジグ230gは表面積を大きくしアピール重視でデザインしたモデル。他のサイズと比べて薄くスライドを重視する代わりにフォールスピードを犠牲にしています。

朝一はジギングからスタート。水深は105m。
最初のヒットは伊藤さん。活ジグでした。
まずは状況を見るため自分も活ジグ230gを使用。3度目の底の取り直しからのヒット。
1453938991.jpg
約6kでした。
船長活ジグⅡとコメントしてありますが活ジグのイカカラーです。
お土産も確保したので活Ⅱを投入。
活Ⅱは鉛と透明樹脂成形のジグです。今回のモデルは内部の鉛が215g。沈下姿勢が安定しているため、意外とフォールスピードもあります。潮が流れないのでステイからのフォールを大きく取れます。
ロッドはスロー用を使用。ラインはPE3号。リーダーは40lb。巷でいうパワースロースタイルです。

活Ⅱは全体の比重では鉄ジグより軽く鉛のジグなら500g近い体積があります。そのためまず水を捉えますが比重が軽いため、ゆっくりとスライドし減速、ステイ、スライドフォールの一連のアクションの流れがあります。通常のジグのようにスライド後のアクション破たんが急ではないのです。活ジグはアクション破たんまでの”間”が長く取れるように作りましたが、潮が流れないような時、水をスカスカ切ってしまうな感じがあります。そんな時は出来るだけ柔らかい竿でペタペタとジグを横を向かせるような気持ちでアクションさせて対応してきましたが、鉛という素材の限界も感じていました。
活Ⅱは水を切る、というより水を掻くという感じです。

話を戻します。数度底取りしステイからのフォールでヒット。
これもさっきと同サイズ。
船中、ポツポツと当たりますが当たりが遠のきしばらくたった時にまたヒット。
底を這うような引きは多分大物!が、左右のライン絡みを気にして少々強引にやり取りしてしまい針外れ。掛かりどころが悪かったのでしょう。このポイントではこのヒットを最後に移動。

それからしばらくはマグロ探し。時々ボイルも見られますが投げるチャンス無し。ベイトがまとまらず単発の跳ねが多かったようです。雨中でのマグロ探しはただの耐寒訓練。またジギングで体を温めます。

午後の引き潮に入ってからも頼みの潮が流れず厳しい状況。昨日は午後の引きからの方が良かったとの事だったのですが・・・。
何度かポイントを移動。2時ごろに中の瀬に入ります。水深は70m前後。
魚探の反応は10mまでの底ベッタリ。
活Ⅱでネチネチステイとフォールを繰り返します。
フォール直後に糸フケ。おもいっきり喰い上げてます。
1453956405.jpg
約4k。大きくはないけど体高のあるきれいな魚体でした。

活Ⅱを使用して気づいたのですが、ヒットした場合かなりの確率で喰い上げます。以前釣りビジョンで漁師佐藤さんが口にぶら下がったジグの重さを嫌い反発して浮くという事を言ってましたが、同じことでしょうか?

また脱線しました。中の瀬ではこの1匹だけでしたが、まさにイメージ通りに釣りあげた価値ある1匹でした。

最後は漁船ひしめく中でのジギング。ここではミヨシにいた方にヒットが集中。ジグはロング系ではくショートタイプ。
スライドではなくリアクションに反応している模様。ただしサイズが3~4kと小型。リアクションタイプのジグは持ってかなかったので活Ⅱで通します。
やっとヒットしたのは4k弱のヨコワ。それからだんだんと風と雨も強くなりパンツも冷たくなったころようやくヒット。
最後の最後に上がったのはこの日最大8k強のデブデブのブリ。それを最後に納竿となりました。
1453978912.jpg
全体釣果です。よく釣れているように見えますが、ほぼ3人の釣果です。1匹だけという人が大半。
この日は非常にシビアで、朝一で釣り切れなかったら後ボウズという感じ。伊藤さんも午後1匹追加し3匹でした。すべて活ジグです。

今回活Ⅱにヒットしたサイズが良かった点を船長と話すと波動が大きい(体積が大きいため)からではと言ってました。
何はともあれ活Ⅱ量産に向け弾みがつきました。












スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/100-7501086b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR