FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/118-266dc3fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ジグについての考察

去年からクルーズの赤間船長にお世話になりながら基本ジグのテストを繰り返してきました。

何度も書きますが浅場でのジギングは、ジャーク時の入力がダイレクトに伝わるのでタックルを全面的に見直す必要がありました。

タックルはよりライトに、ジグの操作もよりナチュラルに、魚とのやり取りはより優しくいなす感じに。

水深30~60mで使用するジグの重量は必然的に100g前後となります。100gのジグは普段七里や平戸に使用するジグと比べるとボリュームがとても小さく玄界灘のヒラマサ釣りのイメージとはかけ離れていますが、同じ玄界灘のヒラマサ釣りなんですね。

水深がある場所ではジグの性能というか機能は、まずフォールすることと引き抵抗が軽いという2点をどこまで突き詰めていくかに絞られてきます。さらにスライド姿勢やジャークのタイミングの取りやすさといった味付けを加えていきます。
活ジグは小さい入力でのスライドとスライド後の”間”に特化したジグなので多少フォールスピードを犠牲にしています。着水後フォール姿勢が安定するまでサミングすればいいのですが、何もしないとアサッテの方向へ行くこともあるので使いづらさを感じた人もいるかもしれません。しかし見方を変えればそれだけ水を捕まえる事ができるので条件があった時の爆発力もあります。

あとヒラマサとブリではアクションの味付けが異なってきます。ブリはよりリアクションに反応する傾向が強く、初心者の人のぎこちないジャークにやたらと反応する時があります。上手な人はジグの動きが滑らか(スムーズ)に動いているのですね。扁平な形状のジグを使用したりジャカジャカ巻きといった技を使えばいいのですが、九州ではほとんどロングジグのワンピッチが主流なのでこのような事が時々起こります。
ブリの場合ジャーク時に動くジグ、この場合回転を伴うアクションもありです。活ジグは紀伊の方ではブリが釣れないと言われたことがありましたが、その通りです。ジグ自体のアクションではなくロッドワークでアクションを付けるジグだからです。ジグ自体のアクションとはロッドワークに対してイレギュラーなアクション(この場合スライドの破たん時に起こるスパイラル等)を発生する事です。しかしヒラマサの場合、連続したスライドをよりナチュラルに引けるジグに反応することが多いと思います。スライドだけではなくただ巻きだったり、要はジグの動きに不自然さが無いようにロッドワークを気を付けるもしくは動かせるジグを使用する。条件が渋い時ほどその傾向があるような気がします。

横一列で全員ジグを流していて同じ人にヒットが続く経験ありませんか?
特に浅場ではその傾向が顕著に出やすい気がします。同じワンピッチでもジャークの間を意識して丁寧にとるか、何となく惰性でやっているのか。浅いと魚がまとわりつく感じやショートバイトが判りやすいのでジャークの間を意識したとたんにヒットすることが何度かありました。
魚探に反応がありジグを投入した時、たくさんのヒラマサがジグに気付いていてその群れの中の数匹または1匹がずっと付いて来ているのだと思います。その中の1匹がヒットする事で活性が上がったりするのでしょうが、それほど活性が高くない場合、付いては来るものの途中で引き返したりしていると思います。そんな時ほどより不自然さが無いナチュラルにジグを引けた人にのみ反応しているのでしょう。その事は深場でも同じですが水深があることで、まとわりつく感じやショートバイトが判りづらい、もしくは判らないのだと思います。

以前は魚探に反応があっても釣れない時は仕方ないと思っていましたが、今は喰わせきれなかったと思うようになりました。無論、潮やベイトの関係で喰わない時の方が圧倒的に多いのですが”ヒラマサがこのジグを見ている”と思った方が何となくやる気が出るし楽しいと思いませんか。

長々と写真無しの文章のみですみませんでした。ここまで読んでいただきありがとうございます。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/118-266dc3fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。