FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/123-d358fa07

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

6月30日一栄丸

まずは今回の大雨による被害、心よりお見舞い申し上げます。
今普通の暮らしが出来ているのは単にラッキーなだけだとつくづく思います。雨が山のこちら側で降るか、向こうで降るかで天と地ほどの差が出てしまいます。
こんな時に釣りの事、と思いますが、被害にあわれた方がまた日常に戻り、釣りに行ける日を心よりお祈り申し上げます。

当日は久々の一栄丸さんにお世話になりました。出港場所もいつの間にか幸之浦から白浜港に代わっていました。
5時集合ですぐに出船。この日は6名乗船。すぐに生月周辺のポイントに着きました。
ここではキャスティング。
早速最初の流しでボイル発生。前情報ではペンペンシイラパターンとの事でしたが、追われていたのはトビウオのようです。
ボイルは背の頂上付近で不規則に発生しているようです。数回流し、ローテーションで自分がミヨシに立ち、丁度、背の頂上付近で”ボシュツ”と吸い込むようなヒット!約6kの肩慣らしには丁度いいサイズでした。ルアーは活ペンです。

その後2時間ほど投げ続けトップでは合計4匹。最大7k。潮は大きくなっているのですが、ボイルは段々と小さくなり反応もなくなりました。ですが、今回かかった魚はほぼ全て腹側のフックにかかっていて”追うけど喰わない”といった感じではなく確実に捕食しているようでした。ベイトがまとまればかなりいい状況だったのではと思います。ただこの時点で雨が強く時折雷もなる状況。ポイントを移動しジギング開始。

この日の一栄丸のフェイスブックを見ると7キロ頭にヒラマサ18本と書いてあります。トップで4本釣れたのでジギングで釣れたヒラマサは14本。サイズは伸びず4k以下が大半でした。ジギングで最も釣った人で5本。自分は4本。という事はその他4人で残りは5本。そう、とても渋かったのです。常連の方でボウズの人もいました。
ロングのワンピッチジャークを続けてもその流れでヒットした流しは少なかったと感じます。5本釣った人はロングロッドを使ったベイトタックルでのスローを混ぜたスタイルでした。自分もOEMでデザインしたテストサンプルで1本(リアクション主体)、軽比重素材のサンプルで1本、残り2本は活ジグですが、これもかなりライトロッドでスローなシャクリで喰わせました。
36515841_1798020440317939_626690369060339712_n.jpg
ロングジグのワンピッチジャークはこの海域でのストロングパターンですが、通用しない日があるのも事実。同じワンピッチジャークでもより柔らかく、スローに、それでいて自然にジャークする必要があります。この事は博多のクルーズさんに乗って近海での浅場でのヒラマサジギングで痛感したことです。浅場はジグにダイレクトに力が加わるのでタックルも選びますが、丁寧に釣る事を要求されます。渋い状況では平戸でも同じことが要求されると強く感じました。

そして4時過おまけのイカ釣りタイム。ほぼ初心者の自分でも30杯以上釣れました。
36492351_1798020493651267_5094241751799955456_n.jpg
寄港は6時半。全身びしょぬれ。ライフジャケットが落水を感知し自動膨張する位の雨でしたが、相変わらず腹一杯釣りをさせてくれる一栄丸さんでした。

追伸:夏マサなのに結構大きな卵を持っているのが3匹いてちょっと気になります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/123-d358fa07

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。