FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/124-8ede2b47

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

7月12日・27日きずなまりんライトジギング調査便

唐津、星賀港から出船しているきずなまりんさんのライトジギング調査便に7月の12日、27日の両日お世話になりました。

普段はタイ釣りでお世話になっています。しかもこの船は活きエビが常備されているのでタイラバでめげても心強い!
ジギングが仕事と化している現在、エサを付けて一日、穂先の当たりに集中する釣りはかなり癒されます。
普段青物ばかりを食べさせているという家庭の事情もありますが。

話をもどします。昨年位から松浦半島から壱岐西側にかけてのポイント調査という事でジギング調査便に同行しています。
この辺りの水深は30~50mの背のかけ上がりのポイントがメインとなり、最も深い所でも70m台。あとは漁礁といった所。博多沖のクルーズさんのポイントに似た感じです。

調査便の両日とも時合が短く、潮が流れた時のみに当たりが集中しました。
乗船されていた方は初心者の人が多く、水深に合わないでかいジグをシャクっています。こちらは水深に合わせ100g前後のジグをかなりライトなタックルを使用しました。
結果はというと、でかいジグをぎこちなくシャクっている人にヒットします。こちらはというと全くカスリもしません。それは両日とも同じでした。更に27日に至っては前回爆釣した人にもヒットがありません。初心者のジャークに反応するのです。

何とか最後は馬渡島の漁礁で1匹上げる事ができましたが、これも12日、27日同じパターン。ただ馬渡島周辺になると初心者の人のヒットは無くなります。多分、馬渡島周辺は遊漁の船も多いので魚がスレていると思われます。両日ともスライド系のアクションではなく、リアクションで食わせたからです。この時使用したジグは昨年からクルーズさんでテストを繰り返した某メーカーのリア重心のジグです。

リアに重心があるジグはジャーク時の勢いが重心に乗るため、初速が速くなりますが、リアに重心の勢いがあるため水中でフロントを軸に回転運動を起こしやすくなります。丁度、車がスピンしたのと同じような状態です。しかしヒラマサはジグを追う距離が長く、連続したアクションが違和感なく継続できるジグが必要となります。スピンするジグはジャークの間が取りにくく、連続したアクションが難しい。センターに重心があるジグはスライドをよりスローにする方向に進化していますが、他メーカー共、全体的にアクションが同じ方向に向かっています。リアに重心を持ちつつも連続したスライドが出せれば同じスライド系のアクションでも異なる演出が出来ると考え作ったジグです。リアバランスのこのジグは初速が速くクィックな連続スライドが演出出来ます。その事がリアクションバイトに繋がっていると考えています。
o1080081014227700545.jpg
変わって壱岐の西側はまだジグにスレていないんじゃないのかなあ~と、安井船長と首を傾げております。
何にしろまだ条件が分からないことだらけ。
底にへばり付いている130cmクラスは、どうしたら口を使うのか?潮とベイトだけの問題か?

まだまだ続く

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/124-8ede2b47

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。