FC2ブログ

Entries

活ジグⅡテスト再開

やっとというかようやく重い腰を上げました。

一昨年からずっとOEMの仕事を中心に回しきましたが、去年の秋に製品として出荷、やっと肩の荷が下りました。ここ20年弱いくつかのメーカーのOEMの商材を扱ってきました。ほとんどがメタルジグです。

依頼を受けデザインの発案、モデリング、サンプル作成、遊泳確認後、そのメーカーのテスターさんに渡し合否を判断してもらうのですが、前回の仕事はこちらから発案したのでデザインだけでなく、シーズンを通しての実釣テスト、パッケージ、カタログの文章まで個人でこなしました。もちろんクルーズの赤間船長ほかテストに協力してくれた同船者の方々には厚く御礼申し上げます。

テスト自体は去年の春には終わっていたのですが、燃え尽き症候群というかメタルジグに興味が無くなってしまいました。そんなわけでタイだのキスだの管釣りのマスだの関係ない釣りばかりをしていました。仕事がルアーのデザインで趣味が釣りだと逃げ場がなく若干軽い鬱気味。以前勤めていた釣り具メーカー就職時に”あ~24時間釣りの事だけ考えて生きていきたい!”とかぼやいていたら先輩に(この方も現在、別の某メーカーの開発に転職)、”すぐにそうなるから覚悟しとけ!”というありがたいお言葉をいただきました。

あれから25年。デザインで喰っていく事は、まさに覚悟の連続。どこにも属さない個人のルアーデザイナーなんか屁のような存在です。鬱々と秋になり晩秋に差し掛かるころ、ふと制作をやめていた活ジグⅡの事を思い出したのですね。かなりいい線まで詰めたのですが、材料と生産方法、強度に問題があり、別の素材を探していたところで忘れていました。そういえば違う素材で作成したサンプルがあった筈、探し出し、岸壁で遊泳テストしてみるとなかなか面白い動き。ふと思い立ってオクトパスの横田船長に予約のお願いをしました。

このジグでは90mラインまで使用したことがあったのですが、今回は130mライン。230gでボトム3~4回でラインが180m位出る感じ。詳細はまた別の機会に書き直しますが、結果は良好。1月初旬と2月初旬の2回テストし、ほぼ竿頭に近い釣果を出せました。
特に潮止り時、ヒットが散発的になった時、11連続ヒットという事がありました。
オクト2

とにかくブリには好評。潮どまりもしくは緩んだ時、明らかに差が出た釣行でした。

オクト1
ようやく、また新しいテーマが出来ました。しばらくはこの”活ジグⅡ”のテストを続けます。
春の課題はもちろん”ヒラマサに効くか!”です。



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/125-8981b0e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR