FC2ブログ

Entries

3月29日オクトパス

当日は無風、快晴。潮は小潮。

6時過ぎに出航。ポイントについたのは8時半過ぎ。やっぱり七里は遠い・・・。
往復4時間以上かかるという事は、釣る時間が短くなるという事。最近、福岡周辺の船が急増したことや、この距離の事を含め、福岡周辺の船はハイシーズンに入っても若干の空きが見受けられます。こちらとしては天気の状況を判断してから予約できるのでありがたい限りですが、船宿さんから見れば死活問題なので(梅雨時期のマグロ釣りが無くなった事が一番大きい)、その船の特色を出し集客していくしかありません。

自分は七里方面に行くときはオクトパスさんにお世話になる事が多いです。近い、横になって寝れるという点も大きいのですが、実際大物を釣っているからです。テストが必要なので空いている日に色んな船に乗ってきましたが、一番困る船は船長の迷いが感じられる船。あとこれは個人の見解ですが、釣れないとすぐお土産の釣りに走る船。どちらにも共通している点は、船長の持ち場(ポイント)の釣りを外した時、粘れない、信じ切れていない事だと思います。クルーズの赤間船長なんか”この時間帯なら、この瀬”といった感じで、絶対的な自信を持っていることを感じます。気迫すら感じます。これで釣れなきゃしょうがないと思います。実際、釣れなくても、そこに魚はいると信じられるようになりました。釣れない、ではなく釣りきれないとマインドが変わって自分の釣りも少し変わった気がしています。横田船長に気迫は特に感じませんが・・・・・(汗)、信じている船長の一人です。


話が飛びました。当日は中ノ瀬周辺65mから40m前後までのかけ上がりを流しました。
乗船者は6名、内一人はキャスティングで通していました。こちらは活ジグⅡのテストで基本通しました。この日は無風快晴、潮も動かずという状況。

結果から言うと
ブログ1
11,2k
ブログ2
8k
この日ジギングで他の人に5k以上のサイズは釣れていません。11kを掛けた時、隣の人に6kサイズがヒットしたもののサメに喰われてしまいました。
潮も全く流れず、たまに群れが入ると2~3人に同時にヒットする状況。その中で活ジグⅡにいいサイズのヒラマサが2度ヒットしたことは大きな自信に繋がりました。実際チャンスは少なく、ジギングの釣果だけで見るとかなりの貧果でした。
ただテストという観点からは釣れ過ぎても困るのです。少ないチャンスの中で違いが出る釣りは、他の乗船者の方には申し訳ないけど、テスト的には最高でした。

で、キャスティングはというと、過去最高のヒラマサボイルを見ました。獣の大量ボイルも見られました。
ブログ3
100Lbリーダーブチ切れました。

上がったのはたまたまサイズが小さめの12kクラスがヒットした人のみ。それ以外の皆さん全員やられました。
この日は時折、サンマでボイルが発生。キャスティングで通した人には最高の一日になったと思います。

明日は平戸、幸漁丸。バーチカルでテスト予定。多分この天気じゃ出ないな~(泣)






スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/126-7c7bf7b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR