FC2ブログ

Entries

春のまとめ

その後の釣行。

4月11日幸漁丸
4月16日大充丸
4月23日オクトパス

5月に入ってからはタイラバやライトジギングに行ったりしました。

11日の幸漁丸は激時化。絶対出船しないと踏んでいたので前日ホテルをキャンセルしていたのですが、夕方確認すると ”明日6時出船” とあっさり返答。AM2時半家を出発。ほぼ寝ない状態での波高2,5mのうねりの中出船。その日は一日ウネリまくり。しかも1日全員でコマサ2匹の超貧果。急激な気圧変化があったので口を全く使わない日に当たってしましました。船長からも ”ジグが悪いんじゃないです。”と慰められてしまいました。当日はあまりに疲れたのでビジネスホテル泊まり。もう無理は効かない体と年齢。平戸は遠い・・・・特に早福は。

16日の大充丸は初めて乗った船ですが。100mラインの漁礁をスパンカー無しで流すのですが、ポイントの当て方は一本釣りと同じ当て方。何度も当て直し、いいラインに入るとジグを落とす。ほぼバーチカルと同じ状態で釣らせてくれます。当日は底潮が流れジグが引かれる感じ。活ジグⅡは体積が大きいのでロッドの負荷が普通のジグより大きく、うまくアクションが出せません。周りは流し直す度にヒットがあるので今日は活ジグⅡは不向きと判断。テスト中のロングジグに代えると即ヒットしました。要は普通の釣り方が一番いい日でした。

23日のオクトパス。結果から言うとヒラマサはボウズ。何故かというと七里は鮫だらけ。それも半端ない数。5キロくらいのヤズまでならゴリ巻きで何とか取れるのですが、ちょっといいサイズの魚は全て鮫にやられました。船べりまで追いかけてくる鮫のサイズは2m以上。船中でヒラマサが取れたのはキャスティングのみ。ジギングでは全滅でした。一度ボトムでかなりいいサイズの魚を掛けたのですが、残念ながら身切れ。後日鮫のはえ縄(長さがキロ)が入れられた模様。この日をもって春のヒラマサは終了。

活ジグⅡでもう少しバーチカルでの検証をしたかったのですが、なかなか条件が合いません。分かった事は潮が動かない日、基本ジグを動かしてもスカスカの日。こんな日の使用に特化したジグと位置づけられそうです。夏にもう少し検証してみます。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/127-99ee002d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR