FC2ブログ

Entries

7月4日一栄丸

この日は、約1年ぶりの一栄丸さんにお世話になりました。
前日は大雨警報発令中で、2年前もこんな状態だったなあと感慨に耽ってしまいました。ここ数年、7月の第一週は大雨が続いていて釣りに行くことに若干、後ろめたい気持ちになります。とりあえず大事が無くよかった。

前日から泊りで入ったので良くではないけど眠れました。もう体力的に無理はしません。
当日は5時半出港。潮待ちの間少しジギング、反応なく生月方面のキャスティングになりました。

最初1時間半くらい潮が動かなく、ボイルも見られず、船長も移動しましょうかと言っていた矢先にペンペンのボイル発生!それでもなかなかタイミングが合わず時間が過ぎていきます。引き潮の潮波がやっとでき来た始めた頃にミヨシの人がヒット!
約7~8kのサイズ。ローテーションで次の流しでミヨシに立ちました、がっ、ボイル発生せず。そして次の流しで前方にボイル!見事ミヨシの人にこの日最大の12,5k。自分はというとトモの方で指をくわえて見ていました。そして潮波が小さくなったところで移動。

この日は全体的にジグの反応は悪く、後半になるにつれてトップでの反応が良くなりました。
ジグではショートバイトが多く、フックも2本バリにしてやっと3kのコマサをかける事ができました。

船長は潮波が出来る時間帯を上手に移動しヒットを拾っていきます。自分もようやく鯨島周辺の潮波3流し目でやっとヒット!潮波との境でボイルが出たのでフルキャストしましたが、まだ距離があり届かず。その間に船は潮波にグングン近づきます。次のキャストで潮波まで30m位しかないのでサミングを掛け3つ目の波に着水。波頭が大きくルアーが上手く泳いでいるか確認できませんが、飛び出さないように注意してルアーを操作すると次の波間でキレイにダイブしているルアーが見えた次の瞬間にヒット!ヒット直後に船も潮波に突入!大きく上下する船中でのファイト。浅いのでラインは出せない、体制整えるのもやっと。どうにか無様にならない格好で取れました。
65781832_2351848398268471_378959790753185792_n.jpg
夏マサらしいスレンダーな体系でした。エラ、内臓、血抜き後の測定で7,6k。多分9kサイズ。

その後は流す度にボイルがありポツポツヒットする状況が続きました。自分は3~5k2本追加し終了。
ここ最近の傾向としてはトップの反応がいい日はジグの反応が悪いとの事。船長はその場でエラ、内臓を取りベイトを確かめ、この日は30cmくらいのシイラ、サバ、後半はイワシが多く入っていました。

個人的には当日ジグのテストがしたかったのですが、状況に合わせリアフックのサイズを上げた事。キャスト時、瞬間的に波の判断が出来た事。それらの事がヒットに繋がった事が非常にうれしく、印象に残る一匹。


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/128-e42e9e37

トラックバック

コメント

[C19] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C20] Re: タイトルなし

返答が遅くなって申し訳ございません。
活ベイトは現在、生産工場を再検討中です。
見つかり次第、販売します。
気長に待って下さい。
よろしくお願いいたします。

  • 2019-08-29 09:42
  • KATSU男
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR