FC2ブログ

Entries

2月13日一栄丸

連日シケ続きな玄界灘。

今シーズンはシケのサイクルが短く、週間予報は全く当たりません。当日も3日前までは諦めていたのですが、直前に風が落ち7時出港の遅出しとなりました。

まずは七里までの道すがらトップで探ります。最初の二流し目からジギングに変更。昨年からテストしている活ジグのバーチカルチューンモデルを使用します。バーチカルモデルと言ってもそれ専用ではなく、活ジグのジャーク時の初速を速くしたモデルです。
前にも書いたけど、活ジグ自体が潮を受けやすく全体的にフワッとしたスライドなので、バーチカルで船の進行方向にラインが引っ張られると初速が足らず、スライドし難い欠点がありました。逆に潮が緩い時、ドテラ流しの時にはナチュラルにスライドします。

えっと話が逸れました。ジギングに変更して最初の流しでコマサヒット。
次の流しでもコマサがヒット。トップに反応が無いので流す度にジギングに変更する人が増えていきます。

それからは漁礁をたたいたりしながら徐々に七里方面に近付いていきます。その間ぽつぽつヒットはあるものの2k程度のコマサ止まりで、たまに4k程度のヤズが混じる状況。

昼前に七里に入り、ブリジギング開始!
前日のうねりが残り、風も予報程落ちてなく結構流されます。水深は100m前後で230gのジグでボトムを取ると最初から130m近くラインが出ていく感じ。20シャクリを3回ほど繰り返すと170m位ラインが出ます。

ジグは今度発売されるスミスのRBナガマサ230gを使用。出来るだけフォールスピードの速いジグを使用しました。

大分ラインが斜めになりそろそろ回収と思った矢先に根掛かり。一つ向こうの人も根掛かりしています。しょうがないのでラインをロックし船の流れに任せて引っ張ると、ルアーが外れたその瞬間にヒット!最初は根魚だと疑いませんでしたが、結構引く。
半分ほど上げたところで走り出したので青物と確信。上がったのは
87384733_2828106180642688_5743914413551779840_n.jpg
6kクラスですが良く太ったヤズでした。

それから船中気合が入り、皆さん懸命にしゃくりますがヒットがありません。風も落ちずジグは凧揚げ状態。

そこでいったん思考を変え、重いジグでボトムだけを探る釣りに変えました。

ジグは活ジグ270gの全夜行イカに変更。少しでもボトム姿勢を安定させるため敢えてテールフックを使用しました。
タックルも今回持ってきたタックルで最も柔らかいゼニスのミッドスペックに変更。

底を取ったらしゃくるのではなく、横に引くような感じで10アクションでボトムに落とすを繰り返しました。
何度か入れ直し、ジグが横を向いている感じを演出していると”ドスン”。
その直後に隣の人にもヒット!
87382464_2828106280642678_6243145825602502656_n.jpg
今度は8kオーバー。これはブリと言ってもいいでしょう。

お隣さん曰く、隣で変な釣り方していると思って真似たところ丁度同じタイミングでボトムについてヒットしたとの事でした。

ただ、リアのアシストのラインが切れています。最初、異常に引いた感じがあったのは何かダブルヒットしていたようです。何かは判りませんが。

その後は軽くはじくようなヒットが数度ありましたが、針には掛かりませんでした。胴の間の人がコマサを上げたので多分、同じ様な魚でしょう。

七里では結局、全員でブリはこの3匹のみ。最近の状況は当たり外れが大きく、当日も同様でした。でも試行錯誤を繰り返し、何とか掛けられたうれしい一匹でした(最初の一匹は論外)。

福岡の遊漁船ならここで終わりですが、一栄丸さんは帰りにヒラマサを狙います。

最初の数流しはトップでヒットがなかったので、またジギングをしました。コマサを釣っていると、トップの人が8kサイズをヒット。次の流しでもヤズ、コマサがヒットしています。たまらず次の流しでトップに参戦!丁寧にプラグを泳がせていると、船から20m位のところで下からバスのように吸い込む形でヒット!
85216398_2828116523974987_4436299100454912000_n.jpg
約9k。
派手な出方ではなかったのですが喰わせた感があり、なかなかうれしい魚でした。

最後の最後でこの日ボウズだった人に8kクラスがヒットし終了。日没。

今、玄海の乗り合い船で最も人気がある訳です。

重量的には竿頭だったと思います。本日も腹一杯、釣らせていただきました。




 
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/138-eb007a72

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR