FC2ブログ

Entries

7月21日キズナマリン

7月の中頃まで大雨が続き、家族に釣りに行ってくるとは言えない状態でした。やっと峠は越えた感じがあったのでテスト再開。

当日はタイ釣りメイン。水深80mラインをパラシュートアンカーで流すスタイルです。
エギジグの80g、100gのテストサンプルを作成、やっと使う事が出来ました。

最初、南西の風が強く手前の風裏ポイントから開始。水深は70m前後、1投目から手のひらサイズのチャリコがヒット。次にアラカブとたて続けにヒット。最後にちょっといいサイズの魚がヒットしたのですが(多分タイかな?)これはバラしてしまいました。
途中、かなり激しく雨が降りましたが次第に風も止み、本命ポイントに移動。

最初の一流し目に船尾のエビラバの人たちにヒットが連発。サイズも1,5k位の食べごろサイズ。ミヨシ側に3人SLJで頑張りましたが強烈な二枚潮。ボトムから10m位上で変な流れ方をします。一度着底させると次の着底が分からない。とにかく張り気味にしてラインを送りこむような感じで流します。基本パラシュートアンカーでの釣りなので船尾の人が多くラインを送れるので有利な釣りとなりますが、それは承知の上。キャストし少しでも船から離れた所に着底させますが、この二枚潮。なかなか手強い。
着底後ボトムを這わせ、ジグがあまり浮き上がらせないように潮に乗せゆっくりとリトリーブ。潮の抵抗の中で更にジグに負荷がかかった感じでヒット!ガツガツでもなく、グゥーと重くなる感じのヒットでした。ドラグもそこそこ出て、サイズもこの日のアベレージ位あったと思うのですが、またしても針外れ。SLJ組のもう一人の人にもヒットがあったのですがバレたようです。

コツを掴んだ感じがあったので次の流しから期待したのですが、それからはエビラバ組にもヒットが無く長~いトンネルに入ってしましました。船長も島近くから沖まで色々流すのですが、やはりここ数週間分の雨のせいか濁りと赤潮、さらに二枚潮。ただイカに関しては雨はいいようで好釣果が続いています。当日もボトムでイカが連発。ジグでも3杯釣れました。

それでもエビラバ組にはポツポツと底物が釣れています。SLJでも釣れない事は無いのですが当たりはエビに比べると数段少ない。特に今回のように二枚潮がきつい日で対象魚がボトムに張り付いている場合、ジグだと単に魚との遭遇率が少ないからです。魚に見付けてもらえるよう、ジグがスローなリトリーブでも水を掴み、かつ回転し難いジグの形状が求められます。よく見受けられるる扁平で左右非対称な形状は、良く泳ぐのですが浮き上がりが早く回転しやすい。底潮が効いている時、操作性が悪いのです。かといってジャークでアクションを付ける水キレのいい形状は、水受けが弱くサイズに対して長さが大きくなる傾向があります。このジャンルは意外と販売されている種類の多さと比べ、丁度いいと感じるジグが少ないと感じています。

時間がダラダラと過ぎ、午後となりほぼ最後のポイント。エビラバ組にもめぼしい当たりはありません。
水深は50m前後の浅場に。そのまま80gを落とすとジグの水の掴みが弱く感じられます。サイズを60gに落とし、バラシが多い事から針のサイズを小さくしました。これがこの日の正解。
ボトムからゆっくりとリトリーブするとモソッとした小さい当たり。タイ特有のガツガツした当たりではありません。グゥーと乗せるようにリトリーブで合わせを入れました。多分これがラストなのでバラしたくない。かなり慎重にフォイトしました。
KIMG0074.jpg
50cmジャスト。1,7kの良く太ったキレイなタイ。
やはりリアのフックに浅く掛かっていました。
タイを狙う際はタイラバ同様、喰いの悪い時はフックサイズを下げる必要がありそうです。

結局、SLJ組でまともなタイはこの一匹のみ。エビラバ組はみなさん3匹くらい釣っていたと思う。船長のブログには執念の一匹と書いてありました。
喰いが渋い時はエサには適いません。が、SLJの奥の深さを知る印象深い一日となりました。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/144-96747064

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR