FC2ブログ

Entries

12月3日 ヒラス王選手権 幸漁丸

船長からヒラス王に出ないかと前回釣行時に誘われ、つい”出ます。”と言ってしまいました。
一応10kオーバーが出場基準でオイラはジギングではまだ上げてないので気が引けたけど、どんな人が出ているのか気になって行ってきました。

で、当日の天気はというと・・・・・。

波高4m。絶対出ないと思ったが、この日の為に東京からも来られた方がいて延期は出来ないとか。
9時過ぎまで待って少し風がやんだ気配。くじ引きをしてポジションを決め出航!

港を出た瞬間、ドーンと船のミヨシから沈んで次の瞬間斜め前方に浮きあがった。船尾に座っていたオイラの目には海面と船尾がかなりスレスレに見えた、様な気がした。船中みんな訳もなく笑いが出ていました。

これだけの風と波だとまっすぐ進めないので、一度大きく向かい風に直進し、その後向きを変え斜め後方から波を受けるようにして進むの繰り返し。波間を滑るように進む時はいいが、うねりの中では前後の波が近く、ローリングもすごい。一度一列に座っていた4人もろ共横に吹っ飛び、一番端にいたオイラはみんなの体重をモロに受けました。

1時間半以上かけ、なんとか中五島の島影に入り釣り開始。
風はビュービュー、潮は動かずそんな時のお決まりは、やはりヤガラ。船長も今晩宴会用の肴が必要なので必死。昼過ぎにやっと家永さんが3k位のヒラスをヒット。その後、船尾の方で2k位のが2本パタパタと上がって終了。また1時間以上かけて戻りました。

今日はゲストハウスに泊まる予定なので、酒も飲めるし一安心。やれやれと道具を片付けグローブを脱ぐと左手の薬指の向きがおかしい。握る事は出来てもまっすぐならない。しかし痛みもかんじない。大して気にも留めず、そのまま懇親会へ。

結果はその3本のヒラスのみなので3kのヒラスを釣った家永さんが優勝。
メーカー勤務時代、船長に世話になっていたのでその頃の話で盛り上がりました。”こんなもので釣れるか。”と言っていた船長が、その後ジギング船で名を馳せるとは。

ふと指の話をすると、なんとドクターの方がいて指を見て一言”これは腱が切れているね。”
いつ、でもどうやって・・・あーみんなで吹っ飛んだ時か・・・・。

後日、病院にてギブスで固定。全治2カ月。指先は仕事道具なので外科の先生に”指先をけがする人は二流、外科の人間は絶対指のケガはしない。”と散々お説教を食らいました。
左の薬指でも使えないと大変不便でした。人間いらないパーツは無いなと実感しました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/15-a75b9107

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR