FC2ブログ

Entries

11月22日 オクトパス

この日は七里での寒ブリジギングのあとキャスティングというメニュー。
最初の一流し目にショウ君が活ジグでハマチゲット。その後、滋賀から来た方がブリクラスをヒット。
今日はいけるか!と気色ばんだものの後がつづかず。

オイラのジギングのメインタックルはPE4号、リーダー90lb、かなりごついフック。これが玄海標準。しかし、今日は全く潮が動かない日で、水深が105mならラインもほぼ105mちょっとで着底。試験的に作ってきたジグもややテールに重心が行き過ぎたせいか思うように動かせない状況。
ショウ君もブリを釣った方もラインは2~3号、リーダーは50lb位。しかもジグはアルミジグ。
そこでタックルを柔らかめのロッドにチェンジ。ゼニスのミッドスペックという竿です。ラインも3号、リーダーは60lb。針も細軸の物に変更。活ジグのサイズも160gに落とす。

もともと活ジグは、ロングジグの単調な1ピッチジャークにバリエーションを持たせるために作ったジグです。結果行き着いた答えは小さい力で横を向かせるという事でした。そのためサイドのエッジにカーブを持たせています。小さい力で横を向けば、後はジャーク幅でスライド幅をコントロールする事ができます。もちろんジャーク時に与える力やスピードで、鋭く跳ね上がりもすればソフトにスライドさせることも調整できます。スライド後は湾曲したボディが水の抵抗を受けやすいためヒラヒラとウォブルフォールし、次のアクションまでの”間”にジグが”死に体”になる瞬間が少なくなります。この事がヒラマサやカンパチのヒットに繋がっているのだと思っています。ジグが”死に体”になった瞬間はただの鉛の棒です。ハマチならそれでも喰いますが…。

水深は95m。底潮も動いていないので着底後、底を掻きまわさない気持ちでソフトにスライドさせる。4回、5回と数えながら10回目でジグに気配が、そのままジャークを続け17回目でヒット。サイズは4k弱と小さかったけど、いかにも”喰わせた”感があり嬉しいヒットでした。
20121122081335.jpg

昼過ぎまで粘るもあとはノーヒット。もう1本出たら信憑性があったのになあ~。

キャスティングですか?この日は凪倒れ。ベイトがいません。まさに「昨日までは~。」の典型パターン。船長、この日は釣果も載せていません。テスト品はまた後日。

追伸:前回の釣りで惜しかった大分の方。翌日釣れてよかったですね。気になった事はやっておいた方が悔いか残らずいいと思います。自戒も込めて。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/34-dcbcaacd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR