FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/48-1309cd6f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

4月1日オクトパス

久々の釣行。

先月は(今もだけど)とても忙しく、外出することなくまじめに仕事をしていました。仕事といってもこの業界の仕事だけど・・・・今どのメーカーさんもジグに力を入れているようです。趣味も仕事も釣りなので頭がヘンになりそう。最近は小物釣りを趣味、オフショアの釣りを仕事と考えるようにしています。

当日はうねりが残りAM7:00集合、7:30出航の遅出。港を出ると結構な揺れ。

最初は壱岐沖でのプラッキング。今回はシングルフック前後2本づつ仕様で使ってみたものの何かバランスがイマイチ。しょうがないのでいつものトリプル仕様に戻す。しかしこの事が後で大いに悔む事に。

水深30mで反応有り。しかしトップには反応無し。反対の舷側からジグを流していた船長にヒット!これはバラしたものの、5k位のヒラマサが再度ジグにヒット。結局、ここではこれ1匹のみ。鳥もいなかったのでベイトが入ってなかった模様。

約1時間ほど流してポイント移動。しばらくキャストを続けていると回収時にすぐそばでバイト。7~8kクラス。その後も2度バイトがあったがフッキングには至らず。同船者の方にも手前まで追っては来るもののチェイスのみ。そんな時、小さいけど鳥山発見。特に水面にベイトなりナブラも見えないけど、ゆっくりと船を回し風下につける。3人が順に投げノーバイト。再度風を横切る形で斜め方向にキャスト。ペンシルが上手く水に絡んだ時に後方に波紋。ロッドに重みが乗った事を確認して大きく2度フッキング。それからグリップを腰に当てようとした瞬間、重みが無くなりました。

この日は食いが浅く貴重なバイトだったのにやらかしてしまいました。あ~シングルフック付けときゃ良かった。何でシングルフックを前後1本づつにしなかったんだろう。正直、腕力が人より劣っているのでフッキングした時、ちょっと弱いと感じていたので尚更でした。もう少しプラグとシングルフック仕様時の泳ぎの変化を勉強しておきます。反省。

今回は風、うねり共に強く、船が速く流されている状態でした。そんな中チェイスがあったのは自分と隣りの方のみ。違いは早い釣りが出来ていたかどうかだと思う。ダイビング系のプラグ(特にスプラッシュを重視したタイプ)を大きいうねりの中、船が風下から流れてくるので(更に風と潮が逆だとルアーが手前に流れてくる)自分が思っている以上にルアーが泳いでいない人が多いように思えます。こういう時は水面下に入りやすいルアーを使用し、リトリーブを続けながらロッドでアクションを続ける位で丁度いいと思います。まあ釣ってから言えよ、って感じですが・・・。

その後はチェイスもなくトップの時間は終了。7里に向かいます。

7里は3~4kクラスのヤズが流す度にダブル、トリプルヒット状態。ヒラマサポイントでもヒットするのはヒラゴとヤズ。反応は有るもののヤズとヒラゴが混在しているようです。

この日は小さめのジグを早巻きしている人にヒットが集中。潮は流れていないけど風が強く船が流されている状況。もしかしたらボトムにヒラマサがいるかもと思い、活ジグの230gで底付近を探るもやはりヤズのヒット。

結局この日は一人当たり5本以上釣れているはず。僕は6k頭に7本。後半は全てリリース。6キロはまだ寒ブリ状態でした。胃袋は小さいベイトの骨のみ。なんでジグ喰うんだろ?

今回春マサはおあずけ。次回に期待!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/48-1309cd6f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。