FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/5-3bb0f02e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

釣行レポート

4月6日。船はイザナギ。

ポイントは主に対馬南方周辺。
最初はトップからスタート。反応は全くなし。生命感もなし。
自作のダイビングタイプのペンシルは景気よくダイブ&ウォブル。水の入りがよく、アクションもまとまっていて使い易い。
断面をスクエア形状にしているので、ヒラ打ちが確認し易い。ただスクエア形状の物は乱流が多く発生し、飛び出しやすくなるので、全体の形状をまちがえると非常に使いづらい物になるので注意が必要。

この分野のルアーは昨年度幾つか依頼があったが、すでに供給過多とこの分野の釣り人口の少なさ、ルアーとしての差が出にくい点、更にピークがもう過ぎている感があったのでいい加減な返事をして断ってしまった。
おそらく大手が価格を抑えたモデル(ウッドかウレタン)を出して基本的にはThe Endとなるような気がする。

それはそうとテストは続く。

トップがダメならジギング。
そう今回はジグのテストがしたかった。昨年末から温めていた試作をついに投入。
スパンカーは立てないが、バーチカルスタイル。
基本的にドテラ流し用に作ったのでどうかと思ったが、ジグは素早くフォールしていく。

着底。ジャークを入れるとアレレ。タイミングがつかみ難い。スルスルした感じと時おりガクッと止まる感じ。
色々試すが、どうもピンとこない。そうこうしているうちに、同船者の方がヒット。3キロ位のヒラマサ。
続いて船長にもヒット。これはハマチ。
次に同じ方がヒット。これは少し大きそう。と、その時こちらにもゴン!という衝撃のみがあったが後が続かず。
ジグの尾部にヤスリで擦ったようの歯形が...。ちなみに同船者のヒラマサは5キロくらい。

この時点でもう昼前。
場所移動して、再度テストを試みるもイメージが掴めない。頭にきてテスト終了。
ノーマルのロングジグに交換。その一投目に子マサ。
続いて2投目で3キロくらいのハマチ。なんだかとってもガックリしてしましました。

その後誰にもヒットはなく時間も押し迫ってきたので帰りながら七里に。

ここでやっと潮が横に流れドテラスタイルが出来そうなので、また試作ジグを投入。
ラインが斜めに入ると引き抵抗のスルスル感が悪くない。あのぎこちなさがなくジグが泳いでいる感触が伝わる。
しかし誰にもヒットはなく30分位で終了、帰港となりました。

釣果的には貧果で、正直ポイントに入るタイミングと潮が合っていなかったような気がしました。
当日の他の船の釣果をみるとそれほど悪くないのでおそらくそうだったのでしょう。

ただ一つ個人的な意見。
あるポイントで漁礁に見事に根掛かりしてしまった時、船長は何もしてくれませんでした。僕個人は根掛かり外しに巻いてラインを切ったけど、初心者には危ないので多少疑問を持ちました。

それはさておきこの試作ジグ。まだ課題は多そう。14日オクトパスに乗船予定。次回再度トライしてみます。

今回の教訓。
やはり目視テストだけじゃ分からんなあ。それと対馬は遠い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/5-3bb0f02e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。