FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/78-f8a10fe5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

10月10日 クルーズ

先月から台風続きでなかなか出船出来ない状況。
そしてまたしても台風が接近の中「午前中、2~3時間だけの出船になりますが、無理にとは言いません。」という状況での出船となりました。

独自のスタイルでヒラマサを釣らせる船として有名なこの船。超浅場(10~30m)で釣るスタイルを見たくて初めて乗船しました。

出船後15分ほどで最初のポイント。いつも2時間ほど寝ている七里方面とは大違い。水深も20mから10m前後のかけ上がり。基本トップのスタイルで、みんな一斉にキャスト。2,3度つけ直し移動。

ボイルもチェイスもないまま移動の繰り返し。

多分べイトがいなく、おそらく地付きのヒラマサがいても底ベッタリと思いジギングに変更。水深20m前後なので今テスト中の活ジグⅡに変更。潮乗りはいいほうなのである程度は斜めにラインが入ります。潮が濁っているのでこのジグの反射が効けばと思い丁寧に探るも当たり無し。見た目に特徴があり、背中に活Ⅱと書いてあるので船長から「活ジグの人ですか?(いきジグと言われた)」と聞かれました。知ってもらっていて恐縮しつつ、それをキッカケにいろいろ質問する事ができました。

午前も11時を過ぎた頃には沖の風が10mを超え、12時前にストップフィッシング。
タイラバをやっていた人に底物が釣れた以外は全くのノーフィッシュでした。

この日は風が強く、ジギングのポイントに入れなかったようですが、前日には70gのジグをキャストして10kオーバーがとれたそうです。船長とも話をしましたが、まだ況略する余地があるという点では一致。次回までにもう少し軽量の活ジグⅡの作成とスピニングに慣れる必要を感じました(これが一番苦手)。

130gと160gの活ジグを船長に使ってもらう事に快諾。個人的にはかなり課題の残った釣行でした。

追伸:近日中に活ジグ入荷します。今回は130gと270gのサイズを追加します。近郊や壱岐周りの浅場用と水深90m以上で二枚潮になった状況(七里の90mライン)を想定しています。長らくHPほっといてスイマセン。もうすぐUPします。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/78-f8a10fe5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。