FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/88-befd88bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

4月9日 オクトパス

前日の予報だとこの日は北東風が吹いて微妙。
個人的には活ジグⅡのテストをしたいのですが、今年は北、北東風が強く、正直ジグのテストにはなりません、というか出船出来ない日が多過ぎ!

当日は沖ノ島方面へ出船。案の定、北東風が強く1日中うねって、ほとんどトップメインの1日でした。

朝一、島の東側で胴の間の人にヒット!しかしすぐにポロリ。結構大きそうな感じ。つけ直し再度ポイントに入った所で自分にヒット。しかし軽くルアーを弾いただけでサヨウナラ。
その後午前中一杯島周辺を流しますが、唯一トモのお客さんが1匹小さめのヒラをキャッチ。しかしそれ以外全くのノーバイト。
午後、しばらくジギングで60mラインを流します。北東風が強く船が激しく流されます。
時おり、オオマサの反応が出るのですがボトムに張り付いている感じ。風で流され、ジグとヒラマサの距離が詰めらず、しかもスイッチが全く入ってない感じ。ここでは2本のヤズのみ。まだ丸々と太っています。ちょっと不思議。

島の周辺で鳥が増え感じが出て来たのでまた島方面へ。漁探にはかなりデカイヒラマサが確認できるのですが、トップ、ジグ共反応無し。
この時点ですでに2時過ぎ。最近こんなパターンばっかし。
朝方ヒットがあった東側に回ろうとするけど更に北東風が強くなり、更に潮波が加わり船首に波がモロかぶる状況。更に流れ藻が多く危険な感じ。島の南東側に回って少し波が穏やかになり、そこからトップ再開。

朝とは潮が逆に流れ、風と潮が逆パターン。でもこんな状況で活ペンは強い(筈)!前回のクルーズでの経験からベイトがらみでは無いので細かいトゥィッチとジャークを繰り返し、水を絡ませネチネチ暴れるように操作しました。
そしてついに、というかやっと
20150409_1063998.jpg
ヒット!
4キロ弱のコマサでしたが、胴の間で掛けたのでトモ、ミヨシどちらにも回せず、船の真下に突っ込んだので思った以上に引きました。
20150409_1063996.jpg
小さかったけどいかにも掛けた感があるうれしい一匹でした。
リーダーが擦れたので、結び変えている間にトモの方にヒット。かなりの大物かと思われたけどスレでした。でも8キロクラスの立派なサイズ。
その後、自分にもう一回バイトがありましたが、でっかい波紋を残すのみ。そして終了。

この間ヒットがあったルアーは活ペンとシマノのオシアペンシル(初期タイプ)。ここから言える事はしっかり水を捕まえるルアーにヒットしている事。活ペンは既に書いているので割愛しますが、オシアペンシルはよく泳ぐので自分も好きなルアーです。この方も”結局いつもコレで釣っている。”との事。

潮が船に向かって流れる状況では一般なダイビングタイプでは水に絡みにくく、滑るような感じになってしまいます。
有名な×ー×××ーだけを1日中投げている人をよく見受けますが、ルアーの特性を状況に合わせ使い分ける必要があります。ルアーの値段で魚が釣れたらいいけどね。

なかな釣果に恵まれない釣りばかりですが、一応釣っています。
1回位いい時に当たらないかなあ。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/88-befd88bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。