FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/94-24061ffb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

もうすぐ入荷!

長いあいだブログを放置してました。スミマセン。

HPに紹介したとおり活ジグ入荷します。
今回は185g以上のサイズでサンマカラーを追加しました。
ベースのホロはシルバー箔です。
少数ながら活ペンも入荷します。
あと前回のブログで紹介した活ベイト・・・・・カツオどっかいちゃいましたね。それでも少数入荷します。興味がある方だけで結構です。

あれから3回(2回オクトパスさん、1回立蔵さん)乗ったのですが1度もカツオのナブラが起きませんでした。こんな事は初めてです。釣れる日と、そうでない日のムラが激しくとうとう1度もチャンスに恵まれませんでした。ただ運が悪いだけなのか、ちょっと凹みました。ほんとうモッテネ~。

凹んでばかりではしょうがないので10月13日一栄丸さんにジグのテストを兼ねて乗船。
かなり激渋の中、何とか活Ⅱで1本上げました。
P11207541.jpg
5k弱。でもこの日はこのサイズが最大。
他にもう2本4~5kサイズがあがったのみで後は2k弱のコマサでした(7人で)。

もしかしたらパワースロージギングスタイルが活Ⅱには合っているのでは?とスロー用のロッドを購入。リアにもフックを装着しリフト&フォールで誘ってみました。結果は・・・・
リアフック付きでは着底がムチャクチャ怖い!スロー用のジグはリアにフックを付ける事でフォール時の回転を抑えている物が多く、またそれ自体が抵抗となるためフォール姿勢が安定しやすくなるのですが、根にダイレクトに落とし込むバーチカルの釣りでは、多分ジグの消耗が激し過ぎます(メーカーは嬉しいが)。
結局、いつものタックル(パラボリックな調子の竿)とフロントダブルフックで釣りあげました。

活Ⅱも通常のロングジグと比べると時々回転運動を起こす事があります(比重が鉛の半分くらいしかないので)。したがってリアにフックを付けるとそれが抵抗となってアクションが安定する傾向はありますが、やはりヒラマサ狙いではフロントフックのみの方が釣りの効率が圧倒的にいいと思われます。七里等のドテラではリアフックは有効と思われます。特に寒ブリの時期は浅く食い込む時があるので特に有効と思います。

この日は他にアカハタ、マサバ!(40cm)を活Ⅱで(1度子マサのバラシ)、活ジグでサワラを釣りました(活ジグでも1度ヒット有り)。
活Ⅱをテストに使用するようになって底物のヒットが増えました。マサバに関して活Ⅱはかなりボリュームのあるジグなのですが、なんででしょうね。そういえばジグとほぼ同サイズのカマスが掛った事もあります。浮力が強い分、捕食するタイミングがあるのかも?

活Ⅱも形になってはや1年。少なくともヒラマサに関してはやっと使い方が分かって来たような気がします。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://evosta.blog60.fc2.com/tb.php/94-24061ffb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KATSU男

Author:KATSU男
ルアーメーカー開発課7年勤務後、独立。
多数OEMデザインをこなし早10年。本当に欲しいと思ったものを形にしたくなりました。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。